トップページ > 研修会のご案内

日本嚥下医学会主催 胃瘻造設に関わる「嚥下機能評価研修会」のご案内

嚥下機能評価研修会の開催にあたって

医療が発達する以前は「口から食べられなくなる」事は死を意味していました。この問題に対して点滴や経管栄養などの優れた医療技術が発達し、特に最近では内視鏡的胃瘻造設術(PEG)が手軽に実施されるようになり、寝たきりでPEG栄養のみで生きている状態の患者が問題になって来ていることはご承知の通りです。日本嚥下医学会は嚥下障害に対して昭和57年以来取り組んできていますが、嚥下障害は医療にとってきわめて重要なテーマであり、今や胃瘻問題への対策は急務となっております。

そこで日本嚥下医学会では日本耳鼻咽喉科学会の後援を得て、厚生労働省の示す胃瘻造設時嚥下機能評価のための研修要件を満たす嚥下機能評価研修会を企画し、以下の要領で実施することといたしました。所定の受講修了者には修了証が発行されます。

なお、本研修会は嚥下障害に関わる医師が対象であり、その他の医療職の方は参加できませんのでご注意願います。なお、各会場には定員がございますので申込みをされても受講できない場合もございますのでご了承ください。

日本嚥下医学会 理事長 梅ア俊郎

研修会概要

目的 嚥下機能評価及び摂食機能療法のための専門的な知識・技術を有する医師の養成
主催・運営 主催:日本嚥下医学会 
後援:日本耳鼻咽喉科学会
監修者 藤島一郎(浜松市総合リハビリテーション病院)
梅崎俊郎(国際医療福祉大学、福岡山王病院)
田山二朗(国立国際医療研究センター)
藤本保志(名古屋大学)
兵頭政光(高知大学)
研修対象 摂食・嚥下障害の診療に関わる医師
受講人数 1研修会あたり100〜150名程度
参加費 15,000円(日本嚥下医学会会員)、30,000円(非会員)
開催地、開催日
(予定)
  • [第1回] 東京都:平成26年10月13日(月)
  • [第2回] 高知市:平成26年11月15日(土)
  • [第3回] 京都市:平成26年12月14日(日)
  • [第4回] 福島市:平成27年2月8日(日)
  • [第5回] 福岡市:平成27年3月8日(日)
  • [第6回] 東京都:平成27年10月4日(日)
  • [第7回] 名古屋市:平成27年10月17日(土)
  • [第8回] 兵庫県:平成28年2月11日(木・祝)
  • [第9回] 東京都:平成28年11月19日(土)
  • [第10回] 東京都:平成29年2月26日(日)
  • [第11回] 東京都:平成29年10月8日(日)
  • [第12回] 名古屋市:平成30年10月28日(日)
  • [第13回] 神戸市:令和元年9月29日(日)
  • [第14回] 仙台市:令和3年9月26日(日)
  • [第15回] 長崎市:令和4年10月9日(日)開催予定

お申込みについて

お申込みについては、「研修会お申し込みフォーム」よりお申込みください。

第15回【長崎市】令和4年10月9日(日)開催予定

プログラム詳細はこちら[PDF]

  • 定員 : 90名(うち実技定員:30名)
         ※感染状況などに応じて定員に変更の可能性があります。
         (新型コロナ感染症の蔓延状況によっては、実習の定員が20名程度になる
         場合もありますのでご理解の上ご協力お願い致します。)
  • 参加様式について :

    現地参加につきましてはワクチン3回接種、あるいはワクチン未接種の場合は開催前の48時間以内にPCR検査または抗原検査により陰性を確認することが必要となります。

    新型コロナウイルス感染症緊急事態宣言あるいはまん延防止等重点措置の対象となる地域からの参加者につきましては、現地参加の場合は開催前の48時間以内PCR検査または抗原検査により陰性を確認した上でご参加ください。オンラインでの参加も可能とします。実施日から遡って2週間以内に制限地域へ滞在した参加者についても同様です。下記より健康状態申告書をダウンロードして頂き、ご記入の上、ご参加頂ますようお願い申し上げます。

    PCR検査または抗原検査につきましては申請証明をお持ちください。会場で確認させていただきます。また、参加にあたって接触管理アプリCOCOAを適宜ご利用ください。健康状態申告書をご確認頂き、体調に異常がある場合には来場をお控えいただきます。開催地を含め多くの参加希望者の所在が蔓延状態にある場合は開催を延期あるいは中止する可能性があります。

    また、実習が必要な方で、受講ができなかった場合については、後日、別日(会場別)などで、受講可能となるように手配するなど救済処置を学会として考えております。

  • 会場 : 長崎大学病院 第4講義室
  • お申込み締切 : 令和4年9月19日(月)
                ただし参加申込者が定員に達し次第締め切りとさせていただきます。
                ご了承ください。
  • 参加費 : 15,000円(日本嚥下医学会会員)、30,000円(非会員)テキスト代込

お申込みご希望の方は、「研修会お申し込みフォーム」よりお申し込みください。

お申し込みフォームへ

研修会プログラム

1嚥下機能及び嚥下障害に関わる総論
(1)口腔・咽頭・喉頭の解剖
(2)摂食・嚥下のメカニズム、神経調節機構
(3)嚥下障害の代表的疾患
2嚥下障害の評価・診断方法
(1)精神・身体機能の評価
(2)口腔・咽頭・喉頭等の診察
(3)簡易検査
(4)嚥下内視鏡検査(総論)
(5)嚥下造影検査(動画を含めて)
3嚥下内視鏡検査の実際(各論)
(1)検査実施方法、検査時の注意点
(2)検査所見の評価法(具体的な症例呈示を中心に)
4嚥下障害に対する栄養管理・気道管理
(1)代替栄養法(胃瘻を含む)の適応と管理
(2)気道管理の要点
5摂食機能療法(嚥下訓練、口腔ケアを含む)
(1)嚥下訓練の目的と手技選択
(2)具体的な訓練法
(3)治療効果の評価方法
6外科的治療
(1)嚥下機能改善手術の適応と術式
(2)誤嚥防止手術の適応と術式
(3)術後管理
7嚥下内視鏡検査【演習】
※該当者のみ
実技演習免除申請書のダウンロード
入会案内 学術集会 学会誌 嚥下医学のご案内
日本嚥下医学会事務局
東京都江東区深川2-4-11
Tel:03-5620-1953
Fax:03-5620-1960
お問い合わせ
このページの上部へ