トップページ > 嚥下相談医・相談員制度

日本嚥下医学会認定 嚥下相談医・嚥下相談員制度

日本嚥下医学会(以下、本学会)は1981年の研究会として発足し、嚥下障害に対して基礎的な研究そして外科的治療及びその前後の管理を中心に力を注いできました。本邦は医療の進歩と共に高齢社会が急速に進行しており、嚥下障害が大問題となっています。

嚥下診療に関して医療関係者からの問い合わせも多く、今後ますます嚥下診療のニーズが高まっております。学会では約3年間の議論の末に、日本嚥下医学会認定嚥下相談医、嚥下相談員(以下、嚥下相談医等)の制度を設けることにいたしました。これは学会員の嚥下診療拡充を図り知識や技能の向上に資すること、及びそのことにより国民一人一人がより高度な嚥下診療を受けられるようにするためのものです。

本学会員の皆さまは日本嚥下医学会認定嚥下相談医、嚥下相談員制度規則をご覧頂き、要件を満たした会員は申請していただけますようお願い申し上げます。

規則及び細則 都道府県別相談医(員)一覧

1. 申請フォームのご入力

申請を希望する方は下記の申請フォームにすすみ、必要項目を入力して送信してください。
送信すると、入力情報が記載されて『申請用紙』がメールで届きます。
内容の確認及び修正を行ってください。

申請のお申込みは2020/4/30で締め切りました。

2. 必要書類のご提出

1.で届いた『申請用紙』および、下記の必要書類をご用意ください。
詳細については『規則』をご確認下さい。

医師の方
  • 嚥下相談医新規申請用紙(所定様式)※上記申請フォーム送信後に届きます。
  • 経歴書(様式1)ダウンロード
  • 医師免許証の写し
  • 専門領域学会が認定する専門医証の写し
  • 下記いずれかの学会の受講証明書の写し(受講済みの場合)
    • 本学会主催の嚥下機能評価研修会
    • 日本耳鼻咽喉科学会嚥下障害講習会
    • 日本リハビリテーション医学会嚥下障害実習研修会
    • その他の日本嚥下医学会が認める講習会
  • 発表論文の写し(※必要な場合)
  • 審査料(5,000円)の振り込み控えの写し
看護師の方
  • 嚥下相談員新規申請用紙(所定様式)※上記申請フォーム送信後に届きます。
  • 経歴書(様式2)ダウンロード
  • 看護師免許証の写し
  • 日本看護協会摂食・嚥下障害看護認定看護師の認定証の写し
  • 学会発表抄録および発表論文の写し
  • 審査料(5,000円)の振り込み控えの写し
言語聴覚士の方
  • 嚥下相談員新規申請用紙(所定様式)※上記申請フォーム送信後に届きます。
  • 経歴書(様式3)ダウンロード
  • 言語聴覚士免許証の写し
  • 日本言語聴覚士協会認定言語聴覚士(摂食・嚥下領域)の認定証の写し
  • 学会発表抄録および発表論文の写し
  • 審査料(5,000円)の振り込み控えの写し

3. 審査料および認定料のお振込先

審査料:
5,000円(医師・看護師・言語聴覚士)
認定料:
30,000円(医師)
10,000円(看護師・言語聴覚士)

※申請時は審査料のみのご入金となり、認定決定後に認定料のご入金をお願いいたします。

審査料の振込み口座は下記になります。『振り込み控え』の写しを申請書類と併せてお送りください。
(認定料のお振込み先も同様となります。)

西日本シティ銀行(0190)
シーサイドももち出張所(727)
普通 3023779
日本嚥下医学会認定嚥下相談医等制度 代表者 梅ア俊郎
(ニホンエンゲイガクカイニンテイエンゲソウダンイトウセイド ダイヒョウシャ 
ウメザキトシロウ)

4. 送付方法・送付先

上記の必要書類をご用意の上、書類一式を簡易書留(「相談医等制度申請書類在中」と記載)で事務局宛に郵送してください。

日本嚥下医学会事務局
〒814-0001福岡市早良区百道浜1-7-5 Mタワー7F
入会案内 学術集会 学会誌 嚥下医学のご案内
日本嚥下医学会事務局
福岡市早良区百道浜1-7-5
Tel:092-834-4360
Fax:092-834-4351
お問い合わせ
このページの上部へ